忍者ブログ
読んだ本の感想とかアニメとかマンガとかゲームとか無節操にいろいろ書きたい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジェーン・オースティン作、富田彬訳の『高慢と偏見』読んだけどおもしろかったよ。

続きは拍手のお返事ですので心当たりの方、よければお読みくださいな。

10/11 >massさん
いつもコメントありがとうございます!
そして言葉足らずな私の発言に対するフォローのなんと的確なことか。人付き合いの難しさっていうのは日頃から自分もつねに感じている所なので余計にクロナに熱を上げてしまいます。
孤独というか自分という存在をしっかり受け止められない限りは誰から優しく迎え入れられても向き合えないと思うのです。なんていうか、そういう(うまい表現がみつからないけれど)「どうしようもない」って感じを「少年漫画」で描いてしまうあの作者ってやっぱり凄いなーと感心しきりです。

アニメはやっぱり男の子だったのかー。うーん。まぁ、仕方ないですよね(苦笑)
でもアニメはアニメで最後にクロナと博士がいい感じに新しい関係築いて終わるところはちょっと気に入ってたりします。ともすれば狂気に落ちやすい不安定なふたりだけどマカとマカパパが支えてるから大丈夫!みたいなのどうでしょう。漫画のほうはまだどういう結末が待ってるのか全く予想もつきませんが、クロナしあわせになってほしいよー、あうあう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
なつお
HP:
性別:
非公開
最新CM
[12/24 二鷹]
[06/20 二鷹]
[04/25 massu]
[02/28 massu]
[02/25 massu]
ブログ内検索
kaiseki